マンションに最適なセキュリティとは

<マンションは安全なのか?>
マンションは、戸建に比べて窓が少なく壁の守りがある構造なので、防犯上の危険箇所が絶対的に少なくなります。

しかし、近年ではマンションを狙った犯罪が増えているという困った問題があります。
犯罪の性質によっては戸建やアパートよりも桁違いに多くなるという統計もあります。
(例:いたずら・わいせつ、監禁など)
マンションの売りでもあるプライバシー性の高さが、陰湿な犯罪の温床となってしまうのは皮肉なことです。

そうした流れもあり、オートロックシステムや管理人さんの常駐、廊下やエレベーターなど共有部分でのカメラ監視などの防犯は、もはや一般的となりました。
マンション全体がセキュリティシステムに加入しているところもたくさんあります。

<マンションセキュリティの問題点>
ただし、マンションまるごと加入のセキュリティにはひとつ問題点があります。
マンションの各部屋では、侵入に備えたセンサー類や警報システムがなく、非常通報ボタンだけというものが多いようです。
(また大半はインターホン機器に非常ボタンがついている形式のもののようです)

非常通報ができるだけでも、無いよりはずっと安心ではあります。
しかし、不在時や就寝時、インターホンから離れたところで何かあった時には対応できないという難点があります。
これだけでは防犯上不十分であるという指摘があります。

非常通報だけでなく、侵入者を監視したり、警報を鳴らしたり、自動で警備を呼んだりできる監視・通報のシステムがそれぞれの部屋に配備されていることが理想的です。

<マンションでの導入例>
マンションで防犯上気をつけたい箇所は、玄関やその周辺の窓、ベランダに面した大きな窓が主になります。
戸建に比べて危険箇所が少ないため、センサーの数が少なくて済み、そのぶん料金も安くなります。

大手警備会社での事例を参考にしますと、少ない危険箇所を効率的にカバーできるマンション専用プランが低料金で提供されているようです。

具体例…仝軸悗帆襪修譴召譴法開閉を感知する小型センサーを配置。
▲戰薀鵐世梁臍襪らの侵入を人感センサーで全面的に監視。
2斑罎匹海任盪ち運べる、携帯型非常通報機の用意。
い曚必要に応じて火災・ガス漏れ報知センサーの配備。

お部屋の階数や、角部屋かどうかでも防犯プランが細かく異なりますので、まずはご相談をおすすめします。

人気ホームセキュリティランキング
セコム(SECOM)
アルソック(ALSOK)
ズバットホームセキュリティ比較
>> ランキング一覧へ
ページ上部に戻る